3/20春分〜2017春の流れ〜

本日3/20、19:20、ジャスト春分。
太陽が牡羊座1度に入りました。

勢いで、2017年の冬至図まで読んでいたらこんな時間に. . . ^^;
upするのが遅くなってしましましたー



2017年、春分図です。

a0083145_20514953.jpg


春分図の影響は、次の「夏至」まで続きます。


2017年春のキーワードは、「観察」


天秤座アセンダント木星合。
太陽6ハウス。
月と土星の合。
木星・天王星・冥王星のTスクエア。


頭(思考)は先を急ぎたくなりますが、
行動はゆっくり落ち着いて。


6ハウスは、「顕在意識・労働・貢献・健康」の部屋。

・働き方
・心と身体の調整
・意識的に取り組むこと

などに焦点が当たりそうです。


月と土星が合なので、
気分の波に左右されず、セルフコントロールして
落ち着いて取り組むこと。


月と土星は、7ハウス火星と120度。
人への働きかけや、
誰かと組む案件は計画的に早めの準備を

ライバルの一歩先行くためにも
入念な準備を、という意味もあります。



木星・天王星・冥王星のTスクエアは、
新しい発想や革新的なアイデアを世の中に広めていくために、
または、
新しい自分を打ち出していくために、
軌道修正の余地があることを示しています。


ゴリ押ししたり、勢いに任せたくなりそうですが、
そこでうまくいかないことがあっても
失敗からヒントをつかんで


どうしたら良いのか、徹底的に考え、探求することで
考え方の軌道修正がなされ、打開策が見つかりそうです。


アセンダントのルーラー金星も6ハウスにいて、
全体像をつかむ」という意味の度数にいます。
しっかり観察して、物事の全体像を理解することがポイントになりそうです。


全体像というのは、

・時代の流れ
・現状・環境の把握
・自分の心と体の声に耳を傾ける

など、一面的な見方ではなく、
文字通り、全体を把握し理解することです。


春分は、おおむね、
勢いに乗って、ガンガンいきましょー!という流れになりやすいのですが、
今年は、じっくり落ち着いて行きましょうね、という感じです。


2017年は、射手座土星、牡羊座天王星の流れが終わる最後の年。

2015年から、もしくは、2011年からの流れの
総仕上げにあたる年です。

もう勢いに任せるのではなく、
着地に向かって動きます。


さらに、4月に入ると、
絶賛「逆行祭り」が始まります!!


2/6〜6/9 木星逆行
3/4〜4/15 金星逆行

4/6〜8/25 土星逆行
4/10〜5/4 水星逆行

4/20〜9/29 冥王星逆行


金星逆行は、
過去の体験の楽しさを振り返ったり、
個人的な楽しみを追求したい傾向が出てきます。
自分の好きなことに思いっきり浸って楽しむ時間を作ったり、
自分の好きなことはコレだった、という再確認があったり、
自分の感性を生かして、これからどうしていこうか検討してみる時間に充てると良いでしょう。


土星逆行は、
2017年1月からの流れを振り返り、
見直し・修正・再確認していくタイミングです。
内容は「自分を高めて、現実的に生かしていくため」のことについてです。


水星逆行は、
4/10〜5月中旬にかけて、
今一度、「自分らしさ」について見直し・再確認するような出来事がありそうです。


冥王星逆行は、
山羊座17度付近。
2016年から3回目の逆行のタイミング。
自分の素の気持ち、正直な気持ちについて
無視せずしっかり見つめてみることで、無意識の大きな変化が起こります。


 
バージョンアップ最終年。

今は、時代の転換期、過渡期でもあります。
古い価値観を手放し、新しい意識で進んでいくために、
慌てず、焦らず、丁寧に、
落ち着いて進んでいきましょう。


※春分図・逆行の各影響は、
出生チャートのより異なります。
詳しくは、星読み個人セッション等で、ご確認くださいませ☆











[PR]
トラックバックURL : http://maricinq.exblog.jp/tb/23734505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by maricinq | 2017-03-20 21:58 | ☆新月・満月星読み | Trackback | Comments(0)

宮城・仙台・河原町☆星読みカフェミュー マリのブログです☆ 


by maricinq
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31