「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

星座と暦の関係について

先日のラジオ取材で、

「星読みランチってどういうものなのですか?
この星座の人しか食べられないの?」

というご質問をいただきました☆


改めて、
今日は、星読みランチでお出しているメニューが、
どうやって作られているかについて書きたいと思います☆


まずは、こちらをごらんください。


a0083145_14200420.jpg
こちらは、
「星座と暦の関係」を図で表したもの。

星座というと、ピンとこないかもしれないのですが、

実は、
星座は季節のリズム=暦に
対応しています☆


星占いで、
星座の分かれ目って、20日前後ですよね?

なぜかというと、

春分の日から牡羊座
夏至から蟹座
秋分の日から天秤座
冬至から山羊座
がスタートしているからです☆


a0083145_17271676.jpg

上の図は、6月現在の地球の位置。
地球から見て、太陽が双子座の方向に見えます。注1)注2)

地球が太陽の周りを一周することで、
春・夏・秋・冬 季節がめぐります。

現在はみなさん、
「双子座という季節(春から夏への変わり目の季節)」を
過ごしている!ということです。


今のように科学が発達する以前、
古代ローマの時代には、
料理人にも占星学の知識が必要で、
それらを元に献立を考えていたそうです。


現代でも、
インドのアーユルヴェーダは
医学と占星学が
密接な関わりを持っています。

カラダにあらわれる症状だけを見るのではなく、
個人のホロスコープを見て
その人の体質を知ってから
必要な処置をするのだそうです。
体質が変われば、治療の仕方も異なるというわけですね。


また、東洋医学に詳しい方なら、
季節と、カラダと、食の関係は
もちろんご存知だと思います。


古代ローマの食事の文献は、
残念ながら残されていないのですが、

占星学の知識から
星座ごとに移り変わる季節と食材の関係を
現代風にアレンジして、メニューを考えています。



a0083145_19174050.jpg

a0083145_19435840.jpg


a0083145_16333882.jpg

今の時期に取り入れるとよい食材や、
こうなりやすいカラダや気持ちのコンディションについての
解説シート付きです☆


占星学と食の組み合わせを
ぜひお楽しみくださいね!!!




注1)地球から見た、太陽の通り道を「黄道(おうどう)」といいます。
この黄道上にある星座を「黄道12星座」と呼びます。

地球から見て太陽が双子座を通過している期間に
生まれた人が「双子座生まれ」というわけです。

注2)西洋占星術では、
春分の日から「牡羊座というサイン」を割り当てスタートします。
実際の牡羊座の位置は、
現在、春分点から約23度離れたところにあります。
空に浮かぶ星座と区別するために、
「星座」ではなく「サイン」という呼び方をします。






[PR]
トラックバックURL : http://maricinq.exblog.jp/tb/22896291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by maricinq | 2016-06-12 11:50 | ☆星読みランチ&夜カフェ | Trackback | Comments(0)